農民画COLLECTION

怀 明富さんの作品

怀明富さんは1951年生まれで、金山の廊下村の出身。私の師匠の陸永忠先生と同郷です。小さい頃にかまどの壁画描きを学び、彼の作品にはその影響が色濃く出ていると言われています。1990年から吴彤章先生の下で農民画の制作を開始し、代表作の「花傘」「鸚鵡」「牧羊」などたくさんの作品を発表してきました。1996年には上海画報出版社出版から「金山农民画怀明富专辑」という画集も出版されています。
怀明富さんは農民画だけではなく、農民画に関する様々な論文を発表されていることでも有名で、論文でたくさんの章も受賞されています。そのような功績もあって金山農民画院の第4代の院長さんも勤めました。いわば、制作と研究を同時に行われてきた画家さんなんですね。私はまだお会いしたことがないですが、ぜひ一度お会いして様々な研究のお話を聞きたいと思っています。

                               鸚鵡  
  
(作品名不詳) 


花傘

代表作の「花傘」です。長年探してましたがなかなか機会がなく、ようやく2010年になって入手できました。農村の女性が傘にひとつひとつ手描きで模様を描いてます。傘の色彩も模様の色彩も実に賑やかですね。ほとんどが花の絵柄ですが上のほうには仏塔?を描いたような模様も。99年の江南之春画展で3等に輝いた作品です。


コレクションに戻る